HOME > 商品について

素材ごとに漬ける時間、酒粕の量、配分を変え
素材の持つ味を最大限に活かす

みりん粕、砂糖、甘味料等を一切使用せず酒粕だけで漬け込みました。
酒精分の効いた本格的な奈良漬をお召し上がりください。

森奈良漬店の特徴

直接栽培及び契約栽培による野菜、果実、吟味された酒粕天然塩のみを豊富に使用し、「手間」という技法と「隙」という時間で丹念に漬け込まれ酒精のきいた奈良漬で甘味料、砂糖、添加物等を一切使用しておりません。

奈良漬の材料

奈良でも本格的な奈良漬は風味といい、漬物の中の王座をしめる贅沢な漬物です。
奈良漬の材料はいわゆる「酒粕」「塩」のほか「白瓜」が主なものでしたが現在では、弊舗で扱う種類も多くなり、 なす、きゅうり、すいか、すもも、しょうが、ひょうたん、はやと瓜、セロリ、大根、人参、など多種にわたっています。

きざみ奈良漬

Chopped NARADUKE

きざんだ瓜と胡瓜を酒粕と共にお召し上がりください

洗わずそのままお召し上がり下さい。
きざみ奈良漬が入った壷は、「丹波立杭焼」で、壷には裏側上部に穴が空いており、花を生けて吊り下げることができます。また、そのまま机上においてペン立てなんて、いかがでしょうか。

*写真はきざみ奈良漬(230g壷入り)です

季節のおすすめ

Seasonal Product

季節ごとにおいしい奈良漬をご用意しています

四季を通じて定番の野菜のほか、夏場は新漬瓜、冬は大根などその季節においしい奈良漬を提供いたします。
*写真は新漬瓜です

大和三尺

YAMATO SANJAKU

奈良の特産品「大和三尺」の特徴を活かした奈良漬を作っています

弊舗では、漬物用として古くから作られていた「大和三尺(やまとさんじゃく)」を漬物用として復活栽培しました。

また、数年かけて漬け込み方法を試み、塩の量、塩漬の期間、下漬から本漬に至るまでの製造工程が「大和三尺」の特徴を最大限に生かした製品と自負しています。

「大和三尺」は奈良の特産品で名前の通り40〜50cmの長さにまで成長します。果肉は緻密で歯切れよく、種も少ない漬物胡瓜の代名詞にもなっている品種で、戦前までは多く栽培されていましたが、「収穫量が少ない」「長尺のため流通時の箱詰が不便」「まっすぐ長く成長させるのが難しい」等の理由から栽培がほとんど行われなくなりました。

現在栽培されている漬物用胡瓜は病害虫に強く収穫量も多い「朝風」や「四葉(すうよ)」。「シャキッ」とした軽い歯ざわりが特徴ですが、それに比べ「大和三尺」は、「コリッ」としっかりした歯切れが特徴です。

*2006年12月22日 「大和三尺」 きゅうりが 奈良県の伝統 「大和野菜」 に認定されました。

  • バナー1

    ONLINE SHOP 商品を購入する
  • バナー2

    森奈良漬店5代目店主が送る社長ブログ
  • バナー3

    森奈良漬店のアレンジレシピ