奈良うまれの、すごいきゅうり!

弊社でお取扱しているお品物の1つに、奈良の地で生まれ、奈良の地がはぐくんだ胡瓜(きゅうり)があります。
伝統大和野菜に認定された「大和三尺きゅうり」と呼ばれる、とっても大きなきゅうりです。

大和三尺きゅうり
photo:Toshiyuki Tatsumi

実は、私の祖父(3代目)が、戦前に奈良の地でうまれた、奈良漬にすると素晴らしい歯触りの胡瓜があったと父(4代目)にずっと話をしていました。
真っ直ぐに育てることが難しく、大きくて箱に入らないという理由から、栽培がほとんど行われず、戦後市場から姿を消したという少し悲しいエピソードを背負ったきゅうりでした。

実際は40-50cmほどですが、三尺(90cmほど)という名前がつけられるほど立派で大きなきゅうり、それが、大和三尺きゅうりです。

大和三尺きゅうり

まっすぐに育てるのが、とっても難しく、手間がかかるきゅうりです。

 

市場でお見掛けするきゅうりと比べると、この通り。
手前が一般的なきゅうり。奥が大和三尺きゅうり。

そんな祖父の話をずっと聞かされていた父(4代目)が、大和三尺きゅうりの復活栽培に挑みます。
ないなら作ろうの精神から、自宅の畑からスタート(笑)

 

試行錯誤しながら2006年に復活栽培することに成功し、その後、奈良県の伝統大和野菜に認定され、奈良漬として商品化いたしました。
残念ながら、大和三尺きゅうりの奈良漬が商品化する前に、祖父(3代目)は他界してしまいましたが、今では多くのお客様に愛され、ご指名をいただくほどの奈良漬となり、祖父はとっても喜んでいると思います。

ご縁をいただき、今年の夏から新しく奈良県葛城市の農家さんが、大和三尺きゅうりの栽培に取り組んでいただいています。
葛城市の美しい景色と、とても大切に育てていただいている様子、大和三尺きゅうり奈良漬の隠れた秘密は次回に★

お買い求めは、こちらから

森奈良漬店 5代目・森 麻理子

\\SNS Follow us!//
 Facebook…奈良の景色や、製造レポートなどを投稿中。

 twitter…10年ほど熟成していました・・・お知らせや限定配信を中心に投稿中。

 instagram…365日出勤中の鹿さんたち中心の鹿スタグラム♡たまにクロ店長も登場。

 Eight…お名刺交換をさせていただいた皆さま、是非!

ブログ一覧にもどる